Read Article

2017年度 甲斐駒ケ岳個人山行行動概要(10/21-10/22)

メンバー 宮津OB 小田
10月21日(土) 曇後雨
 予定通り生田駅に集合し、電車を乗り継ぎ長坂駅に向かう。長坂駅到着後タクシーで竹宇駒ケ岳神社へ向かう。到着後装備を整えて出発する。神社を抜け吊橋を渡り少し歩くと登山道に入る。笹ノ平までは針葉樹林帯の登りが延々と続く。その道中で野生のカモシカと遭遇する。笹ノ平からは緩やかな道を進んで行く。八丁平からは再び急登が始まる。しばらく進むと刃渡りに到着する。岩場は濡れているためスリップに注意して通過する。刃渡りを通過すると左側が切り落ちているやせ尾根が現れた為、慎重に通過する。やせ尾根から少し進むと梯子と鎖場が続く道となる。鎖場を登りきるとなだらかな樹林帯の道になり少し下ると五合目小屋跡地に到着する。ここから先は再び長い梯子と鎖場の道が続く。鎖場を登りトラバースすると七丈小屋に到着する。その後幕場でテントを設営する。
CT)竹宇駒ヶ岳神社(9:40)~笹ノ平(11:45)~黒戸山(15:01)~七丈小屋(15:58)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月22日(土) 雨
 朝から強い雨が降っており風も強い。その為、甲斐駒ケ岳頂上へは行かず日が出て明るくなってから下山を開始する。6:30分頃から辺りが明るくなってきたのでテントを撤収し下山活動に移る。雨の影響で地面がぬかるみ滑りやすくなっている為、注意して下っていく。梯子や鎖場も同様に濡れている為、足の置き場に注意して下る。やせ尾根、刃渡りもスリップ、滑落に注意しながら慎重に通過する。その後は登山道をスリップに注意しながら下っていき登山口に到着し、吊橋を渡って竹宇駒ケ岳神社に到着する。
CT)TS(7:00)~黒戸山(8:01)~笹ノ平(10:43)~竹宇駒ヶ岳神社(11:50)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Return Top